Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users タブ
Word・ワード
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   Word・ワード   »   レイアウト   »   タブの設定
タブの設定
タブって何?に続き、早速タブの設定をしてみます。
まだタブって何?をご覧いただいていない方は、
これからの操作の前提などがありますので、最初にご覧ください。

まず、全ての文字を入力します。
この時、『項目』と『内容』の間にスペースは一切入れません。
もうこの時点で「スペース連打」から脱出しています(笑)。


タブを設定したい範囲を選択します。

ここから上の図のオレンジ枠の部分、水平ルーラーを使用して設定を行います。

まず、水平ルーラーの左端でタブの種類を選択します。

左揃えタブ
中央揃えタブ
右揃えタブ
小数点揃えタブ
クリックを繰り返すとタブの種類が変わっていくので、
設定したいタブが表示されるまで
クリックしていきます。

水平ルーラーの
『内容』部分を揃えたい位置で
クリックすると・・・

選択した種類のタブマーカーが
つきました!

でもまだこの段階では何も起きません!

いったん範囲選択を解除し、
『項目』と『内容』の間に
文字カーソルを入れます。

キーボードの左端にある[Tab]キー
ポンッ!と押すと・・・
タブマーカーをつけた位置まで、『内容』の位置が動きました!

他の段落も、[Tab]キーを使って『項目』と『内容』の間に区切りを入れます。
これで『内容』部分を好みの位置に、しかもキレイに揃えて配置することができました!


更にここで[標準]ツールバーにある、
編集記号の表示/非表示]ボタンを押してみると、

矢印が表示されるのがわかります。

これは「ここに[Tab]キーで区切りを入れましたよ」というのを
Wordが教えてくれている記号。
単なるお知らせ機能なので、もちろん印刷はされません。
タブ設定のポイント
タブの設定は
  1. 範囲選択
  2. タブの種類を選ぶ
  3. 水平ルーラーをクリックしてタブ位置を決める
  4. [Tab]キーで『項目』と『内容』の間に区切りを入れる
という手順になりますが、手順3でタブ位置を決める際、
クリックでタブマーカーを付ける位置は、『内容』部分を揃えたい位置

右揃えタブを設定するなら、
右端で揃えるわけですから、
『内容』部分の右端としたい位置、

小数点タブを設定するなら、
小数点の位置を
タブマーカーで指定することになります。
そしてタブの醍醐味はまだまだこれから!
タブ位置の変更ではタブを使う利点をつくづく実感できますし、
どうせタブの設定を覚えるなら、タブとリーダーについてまで覚えたいところです!
タブって何?
タブ位置の変更
タブとリーダー
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   Word・ワード   »   レイアウト   »   タブの設定
Word 人気BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
スポンサードリンク
Amazon Word本
世界一わかりやすいWord 「超」活用編
板谷 雄二
世界一わかりやすいWord 「超」活用編
講談社 2003-04
売り上げランキング:
96004
おすすめ平均
star

star
Wordの哲学を学べる

star
手取り足取りで、大満足!!

Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |