図形の中央に文字を配置【段落編】

図形の中央に文字を配置【テキストボックス編】でご紹介している通り、オートシェイプやテキストボックスといった図形の中にある文字を、図形の真ん中に配置したい場合、Wordでは横方向で中央にすることはできても、縦方向で中央にする機能がありません。

ちなみにWord2007ではできるようになりました。
図形内の文字を中央に(Be Cool Users 2007)

横方向で中央にはできても、縦方向で中央にできないので、 図形の真ん中に文字があるように「見せる」という方法をとり、 その1つ目の方法を図形の中央に文字を配置【テキストボックス編】でご紹介しています。 今回は2つ目の方法をご紹介します!

図形の中央に文字を配置【段落編】2-1 まずは図形を描き、その図形の中に文字を入力します。

図形の中央に文字を配置【段落編】2-2 図形の中に入力された文字を縦方向(上下方向)で中央にあるように「見せる」ために、文字のある部分にカーソルを置き、

図形の中央に文字を配置【段落編】2-3 右クリック、[段落]をクリックします。
右クリックではなく、メニューバー[書式]−[段落]をクリックしてもOKです。

図形の中央に文字を配置【段落編】2-4 段落前の間隔を設定します。
どれ位の数値にするかは、一度適当な数値で設定してみて、様子を見ながら調整します。

図形の中央に文字を配置【段落編】2-5 段落の前に間隔を設定したので、図形内の文字が縦方向(上下方向)で中央にあるように見えます。

図形の中央に文字を配置【段落編】2-6 あとは[書式設定]ツールバーの[中央揃え]ボタンをクリックすれば、

図形の中央に文字を配置【段落編】2-7 図形内の文字を横方向で中央にできるので、結果、図形の中心に文字があるように見えます!


図形の中央に文字を配置【段落編】2-8 図形内に複数段落ある場合には、

図形の中央に文字を配置【段落編】2-9 図形内の全段落に段落前の間隔を設定してしまうと、左の図のように、各段落がバラバラになってしまうので、

図形の中央に文字を配置【段落編】2-10 1段落目にのみ、段落前の間隔を設定します。

スポンサーリンク