Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users 書式のコピー
Word・ワード
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   Word・ワード   »   入力・編集   »   書式のコピー/貼り付け
書式のコピー/貼り付け
下の図の「電話番号」という文字には、
太字/フォントの色が赤/二重下線という飾り付け(書式)が施されています。

これと全く同じ飾り付けを、下の図の「次レベル」という文字にも設定したい場合、
範囲選択してわざわざ[太字]や[フォントの色]などのボタンを1つずつ押していったのでは、
時間がかかるし面倒!

そこで便利なのが[書式のコピー/貼り付け]という機能!
でも、この機能をマスターする前に是非読んで頂きたい記事が・・・
それはグループサイト「Be Cool Users 2007」にある、「範囲選択:基本編」。
な〜んだ、範囲選択なんて余裕でできるよ!と思ったそこのあなた!(笑)

まさか行を範囲選択する時も、左の図のようなマウスポインタの形で、
ダラダラッとドラッグしていませんか?
是非、先に「範囲選択:基本編」をご覧ください!
書式のコピー/貼り付け:文字編

まずは、コピーしたい書式が
設定されている文字を
範囲選択します。
[標準]ツールバーの[書式のコピー/貼り付け]ボタンをクリックします。


同じ書式を設定したい文字を、
ドラッグでなぞります。

この時、マウスポインタの形は、
ペンキを塗るような「ハケ」の形になっています!

あっという間に、
コピー元と同じ書式を
設定することができました!
操作が終わると、[書式のコピー/貼り付け]ボタンは自動的にOFFになり、
マウスポインタの形も、「ハケの形」から通常の状態に戻ります。

ここまでの操作を、Be Cool Users得意の(笑)「セリフ」に置き換えると、
この コピー元を範囲選択
書式を [書式のコピー/貼り付け]ボタン
ここに 設定したい箇所を選択
書式のコピー/貼り付け:段落編

左の図の1行目には、
フォントサイズ:14pt/
太字/斜体/中央揃え
という飾り付け(書式)が
設定されています。

これと全く同じ飾り付けを、
下から4行目にも
設定したいと思います。
この書式をここに」という操作手順は変わりませんが、
1行目の書式を、下から4行目に持って行くので、
そうです!お察しのとおり、マウスポインタの形が変わってきます。

コピーしたい書式が設定されている箇所を範囲選択します。
今回は1行目を範囲選択したいわけですから、
範囲選択:基本編」のように、範囲選択時のマウスポインタの形は下の図のようになりますね。
そして、末尾の改行マーク(段落記号)まで範囲選択されています。


[書式のコピー/貼り付け]ボタンをクリックします。


今回は
下から4行目に設定したいわけですから、
下から4行目をクリックで選択します。
この時、マウスポインタの形は行単位の範囲選択の時と同じです。
左余白にマウスポインタがある時は、「ハケ」の形にはならないんです。

あっという間に、
コピー元と同じ書式を
設定することができました!
書式のコピー/貼り付け 連続技!
先程までは、コピー元の書式を、1箇所に持って行きました。
今回は、下の図の「電話番号」という文字に設定されている書式を、
複数箇所に設定したいと思います。

でもここで、先程までの操作を思い返してみると、
この書式をここに」という操作手順が終わると、
[書式のコピー/貼り付け]ボタンは自動的にOFFになり、
マウスポインタの形も、「ハケの形」から通常の状態に戻ってしまいました。

ということは、今回のように複数箇所に設定したい場合には、
この書式をここに」と、1つ目の設定が終わったら、
また同じ操作を繰り返して2つ目を設定しなければなりません。
何回もコピー元を範囲選択したり、何回も[書式のコピー/貼り付け]ボタンを押すのは
とても面倒!

そんな時には、連続技を使います!

まずは、コピーしたい書式が
設定されている箇所を
範囲選択します。
[書式のコピー/貼り付け]ボタンをダブルクリックします。


1つ目の設定したい箇所を
ドラッグでなぞります。
この時点で、先程までは[書式のコピー/貼り付け]ボタンが自動的にOFFになり、
マウスポインタの形も、「ハケの形」から通常の状態に戻ったわけですが、
今回の場合は、まだボタンもONのままですし、マウスポインタも「ハケの形」のままです。

[書式のコピー/貼り付け]ボタンをダブルクリックすることで、
ずっとボタンをONの状態のまま保てるので、連続設定ができるようになるんです!

というわけで、
2つ目の設定したい箇所も
ドラッグでなぞります。

さぁ、これですべての箇所に
書式をコピーすることができました!
しか〜し!
まだ気を抜いてはいけません!
コピー先が選択された状態を
解除するため、文書内のどこかで
クリックしたくなりますが、
マウスポインタはまだ
「ハケの形」のままです。
この状態のまま、文書内のどこかをクリックしてしまうと、
マウスポインタはまだ「ハケの形」なわけですから、
そこにも書式をコピーしてしまうことになってしまいます!

[書式のコピー/貼り付け]ボタンをダブルクリックして、
ずっとボタンをONの状態のまま保てるようにしていたわけですから、
責任もってボタンを自分でOFFにします。
[書式のコピー/貼り付け]ボタンをクリックするか、[Esc]キーを押せば、OFFにできます!

この書式をここに」という操作手順を、
[書式のコピー/貼り付け]ボタンをダブルクリックすることで、
この書式をここにもここにも・・・」と連続させることができました!
範囲選択:基本編 (Be Cool Users 2007)
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   Word・ワード   »   入力・編集   »   書式のコピー/貼り付け
Word 2007での操作
Word 2007での操作方法はコチラです!

書式のコピー/貼り付け
(Be Cool Users 2007)
Word 人気BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
Amazon Word本
Word基本ワザ&便利ワザ
―2003&2002対応
Windows XP版
(速効!ポケットマニュアル)

Word基本ワザ&便利ワザ―2003&2002対応 Windows XP版 (速効!ポケットマニュアル)
毎日コミュニケーションズ
2005-05
売り上げランキング:
403998

おすすめ平均
star

star
ワードで文章を独学で
作成するために。

Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |