印刷されない文字:隠し文字

印刷されない文字:隠し文字1 文書番号などに多いのですが、印刷してお客様に渡す時なんかは無い方がいいけれど、 でも自分が画面上で操作するときには見えていてほしい文字。

そういった文字は、『印刷されない文字』として設定しておけば便利です!

印刷されない文字:隠し文字2 まずは設定したい箇所を範囲選択し、

印刷されない文字:隠し文字3 メニューバー[書式]から[フォント]をクリックします。

印刷されない文字:隠し文字7 [フォント]タブで[隠し文字]にチェックをつけておくと・・・

印刷されない文字:隠し文字4 設定した文字に点線が付きました!
この設定をしたら画面上からも消えてしまった!という方も大丈夫。
存在はしているけれど、表面上見えなくなってしまっただけ。

印刷されない文字:隠し文字5 画面上からも見えなくなってしまった方は[標準]ツールバーの[編集記号の表示/非表示]のボタンをONにしておきます。

印刷されない文字:隠し文字6 印刷プレビューで確認すると、印刷されないように設定されたことが分かります!

スポンサーリンク