Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users ネットノート
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   仕事力アップの道具箱   »   パソコン   »   ネットノート 東芝MX/36Mを購入しました
ネットノート 東芝MX/36Mを購入しました
dynabook MX/36MRD 先日、
東芝 dynabook MX/36Mを
購入しました。
ドタバタ劇な(笑)購入までの経緯、
選んだ理由、使ってみての感想を
まとめてみました!

まずは購入までの経緯からどうぞ。
自宅のデスクトップパソコンがぶっ壊れました。
電源ボタンを押しても、ウンともスンともいわなくなってしまったのです!

私はDVDを見るのも、音楽を聴くのにもパソコンを使っています。
ネットにつながらない生活は考えられませんし、
当然このサイトの運営も、パソコン無しではやっていけません。

世の中はお盆休みの真っ最中。
私は自宅での仕事も山ほどかかえているのに、パソコンがぶっ壊れたばっかりに、
仕事も、生活の楽しみのほとんども断たれてしまったのです!

ぶっ壊れたパソコンは、修理に出して戻ってくるまで2〜3週間かかるとのこと。
その間、パソコンの無い生活は、私には考えられません!超・超・超 緊急事態です!!

そんな緊急事態の中、私の心の中の物欲ちゃんが突然顔を出します。

「パソコンが無いと生活できないんだから、パソコン買おうよ。
  っつーか、小さいノートパソコン欲しがってたじゃん
  それ買っちゃえば、この緊急事態も何とかなるし、
  デスクトップマシンが修理から戻ってきたら、サブとして大活躍してくれるじゃん
  ずっと出先に自分のパソコン持って行けたら便利だ〜って言ってたじゃん」

とつぶやくわけですよ。
え〜、速攻で物欲ちゃんの言うことを聞きました(笑)。
東芝MX/36Mを選んだ理由
突然の緊急事態だったため、当然ネットでの情報収集もできず、
「小さいノートパソコンがいい」という程度の希望。
あ、でもでも、メモリは1GBは却下、2GBで。
あと外部ディスプレイに接続した時に、1,920×1,080で表示できること。
↑あるやん、希望。

ただ、前から「東芝のdynabookはカッコイイ!」とずっと思っていたので、
たぶんdynabookのいずれかを選ぶだろうな〜と予感しつつ、
ヨド○シカメラへ向かいました。

ネットブックだの、ネットノートだの、小さいノートPCが並んでいるコーナーへ。
まずは「ガワが美しくないと愛せない!」これが私の習性(笑)。
VAIOステキね・・・NECのやつは何かオモチャっぽく見えるな・・・
東芝dynabook最高!美しすぎる!・・・
もうこの時点でdynabookに決まりそうな気配。

そして次はディスプレイの大きさでふるいをかけました。
10.1型ワイドは、小さすぎてかえって不便な気がして、
大きさ的には11.6型ワイドがしっくりくる感じでした。

以上のことから最終的に絞られた2点。
東芝dynabook MX/36MMX/34M。やっぱりdynabook(笑)。
もうスタイリッシュで美しいのです、で、私の当初の希望はすべてかなえてくれてるわけです。
2つの違いはCPUだけ(たぶん)。
この違いで差は2万円!(今、上のリンクで価格を見たのですが、ネットの方が安かった(泣))

で、恐ろしいことにCPUの性能が少しだけ良いMX/36Mが展示されてないわけです。
比較のしようがありません。
でもものすごい悩む私にじっくりと付き合ってくれている店員さんが、
展示してあるMX/34Mを再起動し、更に複数のソフトを起動してくれました。
これが実は意外な決定打になりました。
いろんなことが予想より結構遅く感じてイラッとしたんです。
2万円ケチってイラッとするなら、2万円出して納得した方がいいな〜と。
MX/36Mは実機を展示していなかったので、イラッと感じない保証は無かったんですが、
それでも「いい方を買って後悔するなら仕方ない」という結論を出しました。

更に色は3種類。
MX/36MWHが白、MX/36MRDが赤、MX/36MBLが黒。
型番の最後の2文字が色を表してるようです。
私の場合は、赤か黒で悩みました。
ハイ、これまたものすごい悩みました。どっちもカッコイイからです。
で、結局、その日は黒が売り切れていたため、赤になりました。
ものすごい悩んでいたので、むしろこういう決まり方で良かったです。
dynabook MX/36MRD 東芝 dynabook MX/36M
楽天で詳しく見る
Amazonで詳しく見る
東芝MX/36Mを使ってみて
まず、MX/36Mにして良かったです。
2つのうち、いい方を買ったといっても、電源を入れた際の起動やソフトの起動は、
やはり私のメインマシンであるデスクトップPCには劣ります。
でも、今のところ使っていて、動きがモッサリしている印象は、
1つも無いと言えばウソになるけど、滅多にありません。
むしろ、この小さいボディでここまで動くなんてスゴイ!という印象の方が強いです。

画像編集ソフトでは、起動はちょっと重いかな〜と思いますが、
画像の編集中は特にストレスはありませんでした。
(画像の縮小や文字入れなど、簡単な編集だけだからかもしれませんが。)
そして今、この記事をHTMLエディタで書き、ブラウザで確認という作業をしつつ、
Windows Media Playerで音楽を聞いてますが、何の問題もありません。快適です。

ちなみに外付けDVDドライブを接続して(DVDドライブはMX/36Mにはありません)、
更に外部ディスプレイに接続して、DVD見てみましたが、快適でした。
そうそう、今回私にじっくり付き合ってくださったヨド○シカメラの店員さんが
「こういう小さいノートPCには、DVDドライブが無いことが多いんです」って言ってました。

ちなみにネットノートなど、小さいPCの場合、
ディスプレイが小さいので、画面にどれ位まで表示されるかは気になるところです。
私の印象は・・・満足!スゴイんですね、最近のマシンは。
解像度は1,366×768です。
下の図はブラウザでYahoo!のトップページを表示してみたところです。
ページ下部までとはいきませんが、中段くらいまでは表示されています。


ちなみにExcelを起動してみると、28行目、R列まで表示されています。


メインマシンが修理から戻ってくるまでは、
外部ディスプレイや大きいキーボードなどを接続して使うことも多いので
何だかいつも使っているメインマシンを動かしている気分になってしまうことも多いです。
ちなみに、MX/36Mの[FN]キーを押したままにしていると、
ディスプレイ上部にガイドのようなものが表示されます。

[FN]キーとファンクションキーの組み合わせで、
外部ディスプレイへの表示の切り替え、タッチパッドのON/OFFなどができるようになっています。
表示される絵柄が感覚的に分かりやすくて良いな〜と思います。

というわけで、トータル的に見て、使い勝手には大満足しています。

そして!全くのノーマークだったにも関わらず、
大満足な結果をもたらす大きな要因となったものが1つ。
それはWiMAXモジュールが搭載されていること。
いやぁ、おかげで、カバンからパソコンをサッと取り出し、電源をポチッ、
そして即インターネット。しかも速さも十分!
余計な機器を付けなくていい分、携帯性がいいな〜と大満足!
これは別の機会に詳しく書こうと思いますが、WiMAX恐るべし!

これから2ヶ月位、出張が多くなるのですが、
移動中や外出先での文書作成はもちろん、
外付けDVDドライブも一緒に持って行って、新幹線やホテルでDVD鑑賞、
ちょっと休憩のカフェでネットもできるな〜と、
一気に快適になった自分の生活に大満足です(笑)。
dynabook MX/36MRD 東芝 dynabook MX/36M
楽天で詳しく見る
Amazonで詳しく見る
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   仕事力アップの道具箱   »   パソコン   »   ネットノート 東芝MX/36Mを購入しました
ピックアップ!
スポンサードリンク
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |