Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users 表示モード
PowerPoint・パワーポイント
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   PowerPoint・パワーポイント   »   画面表示   »   パワーポイント スライド作成に必須!表示モード
パワーポイント スライド作成に必須!表示モード
自分がやりたいことに合わせて画面を切り替える「表示モード」。
実はWordやExcelにも表示モードはあるのですが、
WordやExcelの場合は特に表示モードの種類を知らなくても文書作成はできます。

ですが、PowerPointの場合はスライドを作成し、人に見せるまで
作成する時にはこの表示モード、人に見せる時にはこの表示モードと、
切り替えながら使っていくため、
表示モードはPowerPointを使っていく上でとても重要なんです!

メニューバーの[表示]をクリックすると、
[標準]、[スライド一覧]、[スライドショー]、[ノート]
とあります。
これがパワーポイントの表示モード。
下記でそれぞれの違いを見てみます。
[標準]表示モード

スライドを1枚ずつ作り込んで行く時に
使うのが、[標準]表示モードです。

スライド作成の段階では
ほとんどこの表示モードを使います。
[スライド一覧]表示モード

全スライドを
一覧として見渡したい時に使うのが
この[スライド一覧]表示モードです。
「2枚目のスライドはやっぱり最後に話した方がいいから最後に移動しよう!」
など、一覧を見ながら話の流れを再考できますし、
この表示モードでスライドの順番も入れ替えられます。

また、いずれかのスライドをダブルクリックすると、
ダブルクリックしたスライドを[標準]表示モードで見ることができます。
[スライドショー]表示モード

作成したものを
相手に見せる時に使うのが
[スライドショー]表示モード。

画面いっぱいいっぱいに
スライドが表示されます。
[Esc]キーを押せば終了します。
その他にもスライドショーを実行する方法があります。
慣れたらこんな方法も是非覚えておきたいところです。
スライドショーをスマートに
[ノート]表示モード

[スライドショー]表示モードで
相手にプレゼンテーションする際、
台本があるといいなぁと
思う方も多いはず。
その「台本」を作るときに使うのが
[ノート]表示モードです。
この表示モードを使って、忘れずに伝えたいことを入力し、前もって印刷しておけば、
[スライドショー]表示モードで相手に話をしている最中、
「あれ?ここで忘れずに話すこと何だっけ?」となっても
印刷しておいたノートを見れば大丈夫です。
表示モードを切り替えるもう1つのボタン

表示モードは画面左下にあるこれらのボタンを使っても
切り替えられます。

[スライドショー]表示モードにするこのボタンは
メニューバー[表示]−[スライドショー]を使う場合と
少しだけ異なります。
メニューバー[表示]−[スライドショー]を使った場合は、
必ず最初のスライドからスライドショーが実行されます。

それに対してこのボタンを使った場合は、
現在表示されているスライドからスライドショーが始まります。
例えば[標準]表示モードで3枚目の作成作業をしていた時、
スライドショーで大きく表示されるとどうなるかな?と確認したいことも多いはず。
そんな時にこのボタンを使えば
3枚目のスライドからスライドショーが始まってくれるので、
作成作業中にちょっと確認したいぞ、といった時に便利です!
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   PowerPoint・パワーポイント   »   画面表示   »   パワーポイント スライド作成に必須!表示モード
PowerPoint BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
PowerPoint本
よくわかるIT基礎プレゼンテーション入門―Microsoft Office PowerPoint 2003
富士通オフィス機器株式会社
よくわかるIT基礎プレゼンテーション入門―Microsoft Office PowerPoint 2003
FOM出版 2005-06
売り上げランキング:
239252
おすすめ平均
star

star
とてもわかりやすい!

Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |