Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users 目的別スライドショー
PowerPoint・パワーポイント
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   PowerPoint・パワーポイント   »   その他の技   »   目的別スライドショー
目的別スライドショー
このPowerPointファイル、本番では全部のスライドを使うけど
打ち合わせでは一部のスライドしか使わないんだよね・・・
こういった場合、ファイルをコピーして必要の無いスライドを削除、
という風に基本的な内容が同じファイルを複数用意している方も多いのではないでしょうか?
実はPowerPointでは
用途に合わせてスライドの構成を複数登録しておくことができるんです!

構成を複数登録したいファイルを開いた状態で
メニューバー[スライドショー]から
[目的別スライドショー]をクリックします。

[新規作成]ボタンをクリックし、
ここからスライドの構成を
登録していきます。

まずは分かりやすい構成の名前を、[スライドショーの名前]に入力します。


左側の[プレゼンテーション中のスライド]から必要なスライドを選択し、
[追加]ボタンをクリックすると、


右側に選択したスライドが表示されます。


この操作を繰り返して、必要なスライドだけを選んでいきます。


上のダイアログボックスで
[OK]ボタンをクリックすると、
最初に表示されたダイアログボックスに
戻ります。
これで選択したスライドだけを
1つのグループとして
登録することができました!


ここまでの操作を繰り返して、
複数の構成を登録しておけば、
いちいち目的に応じて
別ファイルにしておく必要もありません。
目的別スライドショーの実行
さて、この用途別に構成を登録しておいた目的別スライドショーを
相手に見せるべく、いざ実行する時には

設定の時と同様、
メニューバー[スライドショー]から
[目的別スライドショー]をクリックし、

上映したいものを選択後、
[開始]ボタンをクリックすればOKです。
そうなんです、この目的別スライドショーを実行するには
このままではスライドショー開始をダブルクリックで実行する技や、
スライドショーをスマートにの[F5]キーで開始する技は使えないんです。
これらの技を使うためには
目的別スライドショーをスマートにでご紹介している設定さえしておけばバッチリです!
目的別スライドショーをスマートに
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   PowerPoint・パワーポイント   »   その他の技   »   目的別スライドショー
PowerPoint BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
PowerPoint本
すぐわかるPowerPointヒント集―Microsoft Office PowerPoint 2003/2002対応
富士通オフィス機器
すぐわかるPowerPointヒント集―Microsoft Office PowerPoint 2003/2002対応
FOM出版 2005-12
売り上げランキング:
483558
Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |