Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users グリッドとガイド
PowerPoint・パワーポイント
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   PowerPoint・パワーポイント   »   画面表示   »   グリッドとガイド
グリッドとガイド
プレースホルダや図形を配置するべくドラッグで移動すると
キレイに並べたい図形などが微妙にズレている・・・
配置をキレイに揃えて、スライドに統一性を持たせるなら、
グリッドやガイドを表示しておくと、操作がぐんと楽になります。


まずはガイドから表示してみます。

メニューバー[表示]から
[グリッドとガイド]をクリックします。

【PowerPoint2000】
メニューバー[表示]から[ガイド]をクリックします。

[ガイドを表示]にチェックを付け、
[OK]ボタンをクリックすると、
ガイドが表示されます。
ガイドを表示することで、縦・横にそれぞれ1本ずつ線が表示されます。
規定の状態では、その線の交点がそのスライドの中心になります。

ガイドを表示しておけば、
プレースホルダや図形をガイドの近くに移動させると、
それらがガイドに吸い付くように動きますので、
ど真ん中に配置させたい時などに便利です。


ガイドにマウスポインタを合わせドラッグすれば、
ガイドを好みの位置に動かすことも可能です!


次にグリッドを表示してみます。
先程と同様、メニューバー[表示]から
[グリッドとガイド]をクリックします。

[グリッドを表示]にチェックを付け、
[間隔]をリストから選ぶか、
好みの数値を入力し、
[OK]ボタンを押します。
【PowerPoint2000】
PowerPoint2000では、グリッドは目に見えない状態で存在し、表示させることはできません。

グリッドを表示しておくと、設定した間隔ごとに点が表示されます。
規定の状態では、
上のダイアログボックスで、[描画オブジェクトをグリッド線に合わせる]にチェックが付いています。

ここにチェックが付いていると、グリッドの表示/非表示に関わらず、
プレースホルダや図形はグリッドに吸い付くように動きます。
この状態でも一時的にグリッドに吸い付かないように動かしたい時は、
図形の移動 必須テクニックをご覧ください。
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   PowerPoint・パワーポイント   »   画面表示   »   グリッドとガイド
PowerPoint BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
PowerPoint本
PowerPoint スパテク 333
2003/2002/2000対応

株式会社 クリエアナブキ
石田 かのこ
PowerPoint スパテク 333 2003/2002/2000対応
翔泳社 2006-02-28
売り上げランキング:
352812
Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |