Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users グラフ
PowerPoint・パワーポイント
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   PowerPoint・パワーポイント   »   グラフ   »   パワーポイントでグラフ作成
パワーポイントでグラフ作成
PowerPointでグラフを作りたい場合、
まずはグラフを挿入できるレイアウトのスライドを追加しておきます。

コンテンツプレースホルダのレイアウトを
選択した場合には、
左の図のボタンをクリックします。

【PowerPoint2000】
PowerPoint2000には
コンテンツプレースホルダのレイアウトはありません。

グラフ専用のレイアウトを選択した場合には、
左の図のボタンをダブルクリックします。

画面がMicrosoftGraphという、
グラフ編集専用の画面に
切り替わります。

通常の画面との違いが
分かりづらい、という方は
ツールバーの違いに
着目するといいと思います。
さて、ここでポイントが1つ。
それは余計なところをクリックしないこと(笑)。

グラフ編集の大前提のように、グラフ編集専用画面のMicrosoftGraphと、
通常のPowerPointの画面との切り替えはクリックで簡単にできるようになっています。
とりあえず適当なところでクリックしてしまって、その結果通常画面に戻ってしまい、
それに気付かず操作ができない!とパニックになってしまう方も意外と多いんです。
操作に慣れるまではこのポイントに気をつけるといいと思います。

さて、グラフ作成の続きに戻ります。
表示された[データシート]は、グラフの元となるデータを入力する部分です。
最初はサンプルデータが入力されています。


この[データシート]に自分が作りたいグラフの元となるデータを入力します。
サンプルデータの上から入力してしまってOKです。


[データシート]にサンプルデータが残っている場合は、消さなければいけません。
ここで2つ目のポイントが!
サンプルデータを消す際、
下の図のようにデータが入っているセルを範囲選択し、[Delete]キーでデータを消すと、


出来上がったグラフには
余計な空間ができてしまいます。
サンプルデータを消す際には、列番号をクリック(複数列の場合は列番号をドラッグ)して
列ごと選択してから[Delete]キーで消せば、
出来上がりのグラフに余計な空間ができることはありません。


行のデータを消したい時も、行番号で行ごと選択してからデータを消します。


[データシート]に入力したデータが
グラフに反映されています!

あとはグラフ以外の部分をクリックして、
MicrosoftGraphから通常画面に戻ります。

通常画面に戻って、
グラフ作成の完了です!
グラフ編集の大前提
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   PowerPoint・パワーポイント   »   グラフ   »   パワーポイントでグラフ作成
PowerPoint BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
PowerPoint本
PowerPoint2003パーフェクトマスター―WindowsXP完全対応
滝 栄子
チームエムツー
PowerPoint2003パーフェクトマスター―WindowsXP完全対応
秀和システム 2004-01
売り上げランキング:
123932
おすすめ平均
star

star
期待以上!

Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |