Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users 図形の移動
Office・オフィス
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   Office・オフィス共通   »   図形   »   図形の移動 必須テクニック
図形の移動 必須テクニック

図形を移動する際、
図形を選択後、ドラッグで移動する・・・
この操作で不満に感じることはありませんか?
特にWordやPowerPointでは
「カクッ、カクッ」と、ある一定の幅で図形が移動するため
ほんのチョットの移動ということが
ドラッグではできないのです。
規定の状態では、WordとPowerPointでは、このように「カクッ、カクッ」と動きますが、
Excelは反対に滑らかに移動することができます。
(「カクッ、カクッ」という動きが実感できない方は、ドラッグで図形をゆっくり動かしてみてください。)

ここで、移動時のドラッグの際に、
[Alt]キーを押したままドラッグすると、滑らかに移動させることができます。
反対にExcelでは、
滑らかな動きではなく、セルに合わせて「カクッ、カクッ」と動かすことができます。

つまり[Alt]キーを加えることで、通常の動きとは反対の動きをさせることができます。

更に[Alt]キーを使っても、ドラッグだとうまくいかないわ・・・という方のために、
必殺テクニックを・・・。(笑)

動かしたい図を選択した後、
[Ctrl]キーを押したまま[方向(矢印)]キーをポンッポンッと押していくと・・・
ほんのちょっとずつ動きます!

中に文字が入った図形の場合は、
図形を選択した状態でも、
文字カーソルが点滅している状態では
[Ctrl]キーを押したまま[方向(矢印)]キーを
押しても動かすことができません。

左の図のように、
図形の外周にあるグレーのライン上で、
マウスポインタが十字の形でクリックし、
文字カーソルが点滅していない状態にしてから
操作します。
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   Office・オフィス共通   »   図形   »   図形の移動 必須テクニック
Office共通 BEST3
INFO
[Alt]キーを加えたドラッグは大活躍!

ここでご紹介した、ドラッグするときに[Alt]キーを加える操作は、いろんな場面で大活躍します!

* 図形の移動だけでなく、
サイズ変更・トリミング

* Excelでのグラフの移動・サイズ変更

* WordやPowerPointで、表の行・列の高さや幅の変更
スポンサードリンク
Amazon Office本
実例満載!見せる地図きれいな案内図のつくり方
チームA
実例満載!見せる地図きれいな案内図のつくり方
技術評論社 2002-09
売り上げランキング:
72348
おすすめ平均
star

star
なるほど!

Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |