Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users 図形の複数選択
Office・オフィス
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   Office・オフィス共通   »   図形   »   図形の複数選択
図形の複数選択

グループ化や配置/整列など、
複数の図形を一気に選択する機会は
何かと多いと思います。

まず1つ目は普通にクリックで選択します。

図形を選択するときのマウスポインタの形は
左のように十字の形になっています。

2つ目以降は[Shift]キーを押したまま
クリックで選択していきます。

1つ目は普通にクリックで選択、
2つ目以降から
[Shift]キーを押したままクリックで選択、
がポイントです!

先程の1つずつクリックで選択していく方法は、2つ、3つ位を選ぶときにはいいですが、
もっとたくさんの図形を一気に選ぶときには、
いちいちクリックで選択していかなければならないのでとても大変です。
そこでもう1つの方法を。

[図形描画]ツールバーの[オブジェクトの選択]ボタンをクリックでオンにします。

Wordの描画キャンバス内にある図形を選択するときは、
このボタンをオンにする必要はありません。
また、PowerPointの[標準]表示モードでは、このボタンは常にオンになっているので
クリックする必要はありません。

選択したい図形を枠で囲むべく、
図形が無い場所から
対角線上にドラッグします。

ドラッグすることで枠が表示されます。
この枠内に入った図形が
すべて選択されます。

ポイントは、選択したい図形が
スッポリ枠の中に入るようにすること。
図形の端っこが枠の中に入っただけでは
選択されません。

図形を選択できました!
[オブジェクトの選択]ボタンが
オンのままだと、
ずっと図形を選択するモードになったままで
マウスでカーソルを動かしたりすることが
できなくなったりするので、
図形の選択が終わったら、
ボタンをもう一度クリックし、オフにします。
この[オブジェクトの選択]ボタンを使う方法は手軽なので、
この方法だけ覚えておけばいいや、という気分になってしまいがちですが(笑)、
今回の例で利用した図の、一番上の横長の図形とその下の片側の図形の、
2つだけを選択したいといった時には
ドラッグで表示される枠の中に、この2つの図形だけをスッポリおさめることができないので、
選択できません。
というわけで、両方の方法を覚えておく必要があります!

また、Office 2003での図形の複数選択について、
グループサイト「Be Cool Users 2007」の「図形の複数選択(キーを併用編)」のページに
補足を少し載せていますので、もしよろしければご覧ください!
背面の図を選択 (Word)
図形の複数選択(キーを併用編) (グループサイト:Be Cool Users 2007)
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   Office・オフィス共通   »   図形   »   図形の複数選択
2007以降での操作
Office 2007以降での操作方法はコチラです!

図形の複数選択
(キーを併用編)

(Be Cool Users 2007)

図形の複数選択
(オブジェクトの選択ボタン編)

(Be Cool Users 2007)
Office共通 BEST3
スポンサードリンク
Amazon Office本
世界一わかりやすい
Word & Excel 2003
(ブルーバックスピース)

板谷 雄二
世界一わかりやすいWord & Excel 2003 (ブルーバックスピース)
講談社 2006-07-26
売り上げランキング : 153707

おすすめ平均
star

star
おすすめ

Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |