Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users フォントサイズ
Office・オフィス
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   Office・オフィス共通   »   その他の技   »   フォントサイズの拡大・縮小
フォントサイズの拡大・縮小
今回はWordとPowerPointでの操作として取り上げていますが、最後にExcelでの代替策も掲載しています。

[フォントサイズ]の[▼]をクリックして、
一覧から好みのサイズを選ぶ操作、
文字の大きさを変える操作として
おなじみです。
でも、フォントサイズをもうちょっとだけ大きく、いやいやもうちょっと小さく・・・という風に、
全体のバランスなどを見ながら何度も調整する時には、
いちいち[▼]をクリックして一覧から選ぶこの操作がとっても面倒!
そこで便利なのがこのショートカットキーです!

【Word】
フォントサイズを変更したい文字や行を
範囲選択します。

【PowerPoint】
フォントサイズを変更したい
プレースホルダや文字を選択します。
[Ctrl]と[Shift]キーを押したまま[ > ]キーでフォントサイズの拡大、
[Ctrl]と[Shift]キーを押したまま[ < ]キーでフォントサイズの縮小

ができるので、
押せば押すほど、1段階ずつ文字を大きくしたり小さくしたりすることができます!

この操作のポイントは、
フォントサイズが1段階ずつ
変わっていくということ。
これは[フォントサイズ]の一覧に
表示される段階と同じように
大きくなったり小さくなったりしますよ、
という意味で、
1ポイントずつ大きくなったり
小さくなったりするわけではありません。
[フォントサイズ]の一覧には、12ptと14ptはありますが、13ptはありません。
なので、現在のフォントが12ptの状態で、
今回ご紹介したフォントサイズの拡大のショートカットキーを押すと、
13ptではなく、14ptになるというわけです。

【PowerPoint】
PowerPointでは、[書式設定]ツールバーにある
[フォントのサイズの拡大]、[フォントサイズの縮小]ボタンをポンッポンッポンッと押しても、
1段階ずつ手軽にフォントサイズを変更できます。


【Excel】
今回ご紹介したショートカットキーをExcelで使うと、別の動作になってしまいます。
でも、上図の[フォントのサイズの拡大]、[フォントサイズの縮小]ボタンという機能は
Excelにも備わっているので、
ツールバーをカスタマイズして表示させることができます。
もちろん、Wordでもボタンを表示させることができます。
フォントサイズを自由に設定
文字を1ポイントずつ大きく・小さく (Word・「Be Cool Users 2007」へ移動します)
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   Office・オフィス共通   »   その他の技   »   フォントサイズの拡大・縮小
2007以降での操作
Office 2007以降での
操作方法はコチラです!

フォントの拡大・縮小
(Be Cool Users 2007)
Office共通 BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |