Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users ユーザー設定のビュー
Excel・エクセル
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   Excel・エクセル   »   画面表示   »   表示や印刷設定を複数登録!ユーザー設定のビュー
表示や印刷設定を複数登録!ユーザー設定のビュー

上の図のような顧客名簿があったとします。
こういったものを、その時々の仕事に合わせて
画面表示や印刷の設定を毎回いちいち変えている方も多いのではないでしょうか?
でも、実はいちいち変える必要なんてないんです!
よく使う画面表示や印刷設定のパターンを名前を付けて登録しておくことができるんです!

例えばこんなパターンで仕事をするケースがあったとします。
【パターン1】
* 住所録として使うために余計な項目であるB列・C列・D列を非表示
* A4用紙を縦に使って印刷

【パターン2】
* シルバー会員のみの顧客名簿として使うため、オートフィルタでシルバー会員を抽出
* 全項目を表示した状態(非表示になっている列を再表示した状態)
* A4用紙を横に使って縮小して印刷

こういった設定をパターンに合わせて毎回設定し直していたら
時間もかかるし、何より面倒です!
早速次からこの2つのパターンを登録してみます。
ビューの追加
まず、【パターン1】から登録していきます。
登録する前に【パターン1】の列の非表示や、
A4用紙を縦に使って印刷できるようページ設定をしておきます。


早速この状態を登録します。
メニューバー[表示]から
[ユーザー設定のビュー]をクリックします。

【パターン1】を
新しく登録するので、
[追加]ボタンをクリックし、

分かりやすい名前を入力し、
表示の設定も印刷の設定も
セットで登録しておきたいので
[ビューに含む]の2つのチェックを
オンにしておきます。
[OK]ボタンを押せば、【パターン1】の設定は「住所印刷用」という名前で登録されます!
ユーザー設定のビューとオートフィルタ
次は【パターン2】の登録です。
やはり登録する前に【パターン2】の状態になるよう、列を再表示し、
オートフィルタで「シルバー会員」のデータを抽出し、
更にA4用紙を横に使って印刷できるようページ設定をしておきます。


【パターン2】の状態を作ったら
先程と同じように
[ユーザー設定のビュー]の
[追加]ボタンを使って
好みの名前で登録しておきます。
これで2つのパターンを登録することができました!
ビューの切り替え
あとはその時々の仕事に合わせて状態を切り替えて使います。
メニューバー[表示]から[ユーザー設定のビュー]をクリックし、

既に登録してある
名前を選択し、
[表示]ボタンを
クリックすれば、
一発で切り替え完了です!
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   Excel・エクセル   »   画面表示   »   表示や印刷設定を複数登録!ユーザー設定のビュー
Excel 人気BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
INFO
これ以外にも・・・

ユーザー設定のビューには行列の表示/非表示、ページ設定、フィルタの設定以外にも画面の表示倍率やウィンドウ枠固定といった状態も登録しておけます。
Amazon Excel本
世界一わかりやすいExcel2003
板谷 雄二
世界一わかりやすいExcel2003
講談社 2004-06
売り上げランキング:
25,021
おすすめ平均
star

star
確かにわかりやすい!
Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |