Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users 連続データの作成
Excel・エクセル
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   Excel・エクセル   »   入力・編集   »   大量連続データのスピード入力
大量連続データのスピード入力
連続データを入力するときに使うオートフィル。
セルの右下隅にマウスを合わせてドラッグする、お馴染みExcel技のアレです。
とても便利なのですが、大量の連続データを入力する時には難点が1つ。

そう、ドラッグしてると手が疲れる。(笑)
No.を1から100まで振りたい時なんかは、手がツリます。

そこで、今回は1から100までの大量連続データを、
ダイアログボックスを使ってあっという間に入力してみます!


連続する、先頭のデータを入力後、
そのセルを選択しておきます。

メニューバー[編集]から[フィル]、
[連続データの作成]を
クリックします。

データを入力する方向を選択します。
[行]を選ぶと行方向(横方向)に、[列]を選ぶと列方向(縦方向)にデータが入力されます。

[増分値]()で指定した分だけ、加算するのか乗算するのかなどを指定します。

一番最後の値を指定します。


今回の指定だと、

列方向に()、
1ずつ()加算した()データを、入力し続け
100()になったら止める

という指定になります。
[OK]ボタンを押せば、あっという間に入力が完了しています!


日付を入れたい場合も同様です。

今回の指定だと、

列方向に、
2日ずつデータを入力し続け、
9/30になったら止める

という指定になります。
今回の例では[停止値]に「9/30」と月日しか入力していません。
月日しか入力していない場合には
「今年の(この操作を行った年の)9/30」として認識されます。
もし「翌年の9/30」まで入力したい、といった場合には
「2007/9/30」という風に年も含めて入力します。
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   Excel・エクセル   »   入力・編集   »   大量連続データのスピード入力
Excel 人気BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
Amazon Excel本
世界一わかりやすいExcel2003
板谷 雄二
世界一わかりやすいExcel2003
講談社 2004-06
売り上げランキング:
25,021
おすすめ平均
star

star
確かにわかりやすい!
Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |