Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users ピボットテーブル
Excel・エクセル
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   Excel・エクセル   »   データベース   »   ピボットテーブル
ピボットテーブル

Excelで1行1件としてデータを
貯めこんでいくデータベース機能。
データを貯めこんでいくときの注意点は
こんな住所録作っちゃイカ〜ン
参考にしていただくとして、
貯めこんだデータは
Excelに用意されている
たくさんの機能で簡単に
集計・分析することができます!
そのExcelデータベース機能の中でもイチオシなのがピボットテーブル
ピボットテーブルを使えば
たくさんのデータを、一発で項目ごとに集計できちゃいます。


今回は
上のように貯めこんだデータを、
左のように
費目ごと、月ごとに
簡単に集計したいと思います。

まず集計を始める前にどんな風に集計したいのかを整理します。
今回は上の図のように
行見出し(グリーンの部分):費目
列見出し(オレンジの部分):日付
集計データ(ブルーの部分):金額
という風にしたいわけです。
ここまで考えを整理したら、あとはとっても速いです。(笑)



Excelに貯めこんだデータ(リスト)内で
どれか1つのセルを選択し、
メニューバー[データ]から
[ピボットテーブルとピボットグラフレポート]を
クリックします。

ここからウィザードが起動するので
答えていくだけで
あっという間に集計できます。

Excelのリストを集計したいので
[Excelのリスト/データベース]を
選択し、
[種類]で[ピボットテーブル]を
選択し、
[次へ]ボタンをクリックします。

集計したい範囲を確認します。
もしこの範囲が違う場合は
セルを選択しなおします。

今回は
貯めこんだデータがあるシートとは
別のシートに集計したいので
[新規ワークシート]を選択し、
[完了ボタン]をクリックします。

新しいワークシートにピボットテーブルができました!

左のような集計を
したいわけですから、
上の図のような各エリアに
項目をドラッグで
追加していきます。
【Excel2000】
※ Excel2000の場合は[ピボットテーブル]ツールバーのボタンを各エリアにドラッグします。


たったこれだけで
集計が完了です!

そして更に下のように手を加えれば
もっともっと思い通りに!

1日ごとに集計されているから月ごとに集計したい!
集計が更新されない!
これらの技が全部解決してくれます!
ピボットテーブルは更新しないとイカンとです!
ピボットテーブルの元データ件数が変わった時は
ピボットテーブル:グループ化
ピボットテーブル:表示形式
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   Excel・エクセル   »   データベース   »   ピボットテーブル
Excel 人気BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
スポンサードリンク
Amazon Excel本
金持ちAさんになるエクセルの賢い使い方
松井 幹彦
金持ちAさんになるエクセルの賢い使い方
技術評論社
2003-12-10
売り上げランキング:
46,764
おすすめ平均
star

star
数字のリアルな感じがすばらしい
star
とにかく素晴らしいの一言!
star
数字でものを見る・考えることが身につく本
Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |