オートシェイプ内の文字の位置

オートシェイプの中に入力した文字の位置を変えたい、Excelではとても簡単に操作できるようになっていますが、 でも、十分注意したいことがあるんです。それが図形を選択する際のマウスポインタの形。

オートシェイプ内の文字の位置1 まずは図形を選択します。この時、 オートシェイプの周囲にある斜線の部分でマウスポインタが左のような十字の形で選択するのがポイント。
「図形全体を選択しますよ」という意味になります。

オートシェイプ内の文字の位置2 マウスポインタが十字の形のまま右クリック、 [オートシェイプの書式設定]をクリックします。

オートシェイプ内の文字の位置3 [配置]タブの[横位置][縦位置]からそれぞれ好みのものを選択します。
[横位置]は水平方向で右寄せか左寄せか中央かを設定する箇所。
[縦位置]は垂直方向で上寄せか下寄せか中央かを設定する場所です。

オートシェイプ内の文字の位置4 左の図は[横位置]で「右詰め」、[縦位置]で「下詰め」に設定したものなので 図形の中の文字が右下に寄っています。

スポンサーリンク