入力規則の「オン」と「ひらがな」の違いは?

入力規則の「オン」と「ひらがな」の違いは?1 入力規則の日本語入力では、 勝手に日本語入力 オン/オフ!の設定ができて非常に便利です。

入力規則の「オン」と「ひらがな」の違いは?2 上の表ではA列には「半角カタカナ」を、 B列・C列には「オフ」を設定しています。
ところがD列で「オン」を選ぶのか「ひらがな」を選ぶのか悩んでしまうんです。
実はこの場合オススメは「オン」ではなく「ひらがな」。

まずこの理由を考える前に「オン」について考えてみます。
「オン」とは「変換できる」ということ。
なので、入力モードが「ひらがな」であろうと「全角英数」であろうと「半角カタカナ」であろうと 変換することができますので、いずれもオンの状態です。

ひらがなで入力できて、なお且つ変換できる状態になっているのが「ひらがな」入力モード、 半角カタカナで入力できて、なお且つ変換できる状態になっているのが「半角カタカナ」入力モード、 という風に考えます。

入力規則の「オン」と「ひらがな」の違いは?3 さて、実際に入力モードがどう動くか見てみます。
A列には「半角カタカナ」を設定していますので、入力モードはちゃんと「半角カタカナ」に変わっています。

入力規則の「オン」と「ひらがな」の違いは?4 B列・C列には「オフ」を設定していますので、やっぱり日本語入力オフの状態(変換できない状態)に変わってくれます。

入力規則の「オン」と「ひらがな」の違いは?5 ところが!D列を「オン」に設定しておくと、なぜか入力モードは「半角カタカナ」になっています。
「オン」というのは「変換できる状態にする」だけです。
でもこれ、入力モードが「ひらがな」になっていないだけで、 「半角カタカナ」でも変換できるわけですからオンになっていることに変わりはありません。

先程、A列のセルを選択して「半角カタカナ」に変わったことを確認しているので、 その状態を引きずっているわけです。

入力規則の「オン」と「ひらがな」の違いは?6 やはり漢字に変換するときなどは入力モードが「ひらがな」になっていた方が 使い慣れているので使う側がとまどうことはありません。
というわけで、「ひらがな」を設定しておけば、 オンの状態でなお且つ強制的にひらがなで入力できるようになるので いつもの使い勝手と同じになり、安心というわけです。

スポンサーリンク