Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users MOD関数
Excel・エクセル
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   Excel・エクセル   »   関数・計算   »   MOD関数で余りを求める
MOD関数で余りを求める

割り算をした時の余りを求めるときに使うのが
MOD関数です。
例えば左の図のような表で、C2番地に
下の図のように引数を指定したMOD関数を
使ったとします。

[数値]に指定した数を、[除数]で割った場合の余りが求められます。
今回の表の場合、[数値]に指定したA2番地には47、
[除数]に指定したB2番地には3が入力されているので、
47÷3=15 余り 2ですから、答えには余りである「2」が表示されます。

ここが間違いやすいところなのですが、
MOD関数は
割り算の答えを出す関数ではなく、
割り算をした時の余りを求める関数だと
いうこと。
MOD関数を実践で使用!
余りを求めるなんて実際に使うんか〜?!となりそうですが(笑)、
いろんな使い方が考えられます。今回はその一例を。

下の図のように、バラバラで入荷した商品を30個ずつケースに詰めると何ケースになるかは、
B列の入荷個数を30で割れば答えが求められます。
但し端数が出ちゃいますので、INT関数で端数を切り捨てして表示されるようにしています。


そしてケースに詰められなかった余りの個数は、MOD関数で求めればいいわけです!

D2番地に早速余りを求めてみます。
この場合、引数は下の図のようになりますね。


これで余りが出ました!
数式バーにも「B2番地を30で割った場合の余りは?」を示す数式が表示されています!
あとはオートフィルで数式をコピーすれば・・・


入荷個数に応じてケース数と余りが表示される表の出来上がりです!
でも、やっぱりMOD関数は使わないかも・・・という方も
これなら絶対に使いたくなるはず!
1行おきの色違いリスト【Excel活用術】 (Office活用アイディア−脳みその素)
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   Excel・エクセル   »   関数・計算   »   MOD関数で余りを求める
Excel 人気BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
Amazon Excel本
Excel関数サンプル活用辞典―97/2000/2002/2003対応
渡辺 克之
Excel関数サンプル活用辞典―97/2000/2002/2003対応
ソーテック社
2004-10
売り上げランキング:
74744
おすすめ平均
star

star
参考書より辞書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |