Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users リスト・入力規則
Excel・エクセル
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   Excel・エクセル   »   入力・編集   »   リストの元の値は別シートにできる!
リストの元の値は別シートにできる!

A列の商品名の入力を楽にするために、ドロップダウンリストを設定したい、
そんな時は入力規則でリストを設定すればOKでした。
G列のような商品データを予め入力しておき、
それをリストの「元の値」として使用するわけです。

上の例の場合は
こんな入力規則の設定に
なるわけですが、
下のような、誰でもやりたいと思う
こんなことをしようとすると
問題が起こってしまいます。


「誰でもやりたいと思うこんなこと」とは
上や左のようにリストを設定したい箇所と
リストの「元の値」となる箇所が
別シートになっている場合。

実はこういった場合、
単純に「元の値」を範囲選択で設定しようとすると
できないんです!


でもあきらめる必要はありません!
ちゃんと実現することができるんです!

まずはリストの「元の値」として設定したい箇所に
名前を定義しておきます。

あとは入力規則を使ってドロップダウンリストを設定していきます。
設定したい箇所を範囲選択し、
メニューバー[データ]から[入力規則]をクリックします。

[設定]タブで、
[入力値の種類]は「リスト」、
そして[元の値]に
カーソルを移したら・・・

メニューバー[挿入]−[名前]−[貼り付け]、
または[F3]キーを使う、
定義した名前を利用する技
リストの元の値としたい名前を選択し、
[OK]ボタンをクリックすると
元のダイアログボックスに戻ります。

これで名前を使った設定は完了!
入力規則で名前を使うと、
名前の前に=(イコール)が付くことが
わかります。
元の値は別シートにあるのでスッキリ!
更に元の値があるシートを非表示にしておくと、
Excelが苦手な人の操作ミスを防ぐこともできます!
リストで入力簡単!
リストの[元の値]を直接入力
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   Excel・エクセル   »   入力・編集   »   リストの元の値は別シートにできる!
Excel 人気BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
スポンサードリンク
Amazon Excel本
はじめての裏技Excel2003
大政 雅恵
はじめての裏技Excel2003
秀和システム 2004-04
売り上げランキング:
290659
おすすめ平均
star

star
普通です。

star
おすすめ!

Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |