Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users 日付の入力
Excel・エクセル
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   Excel・エクセル   »   入力・編集   »   年末年始は日付の入力に要注意
年末年始は日付の入力に要注意

左の図では、A1番地にもA2番地にも
同じ「2008/12/26」という日付データが
入力されています。

A1番地は日付の表示形式
「年」が見えないようになっているだけ。
A1番地を選択して、
数式バーを確認すると
ちゃんと「2008/12/26」というデータが
入力されていることが分かります。


ここでA1番地の日付を入力し直してみます。
日付の入力 面倒なことしてませんか?のように、
「12/30」とスラッシュを使って日付を入力し、
[Enter]キーで確定すれば・・・

日付を入力することができました。

Excelは、「12/30」のように、
月日だけ入力すると
今年(入力した年)の12月30日」
と判断します。
仕事などで、今年のうちに翌年の日付をセルに入力したいといったこともあると思います。
また、年が明けてから前年の日付を入力したいということもあると思います。
こういったことは特に年末年始に多いかもしれません。

翌年の1月5日」のデータを入力したいのに、
「1/5」という風に月日だけ入力してしまうと、

表面的には確かに「1月5日」と、
ちゃんとデータが入力されているように
見えますが、実際は
今年(入力した年)の1月5日」と
なっていることが分かります。
「年」を見せる必要は無いし、月日だけちゃんとしてるからそれでいいじゃん!
で済めばいいのですが、
こういったデータを並べ替えたり、日数計算に使う場合には、
「今年の1月5日」と「翌年の1月5日」では結果に大きな違いが出てきてしまいます。

というわけで、
今年ではない(入力した年ではない)日付を入力する時には、「年」も含めて入力
していきます。

「西暦/月/日」のように入力したり、

先頭に元号を示すアルファベットを使って
和暦で入力してもOKです。

年末年始は特に、
年をまたいだ日付の入力に
注意したいところです!
日付の入力 面倒なことしてませんか?
日付の表示形式 〜基礎編〜
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   Excel・エクセル   »   入力・編集   »   年末年始は日付の入力に要注意
Excel 人気BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
Amazon Excel本
よくわかるMicrosoft Office Excel 2003ドリル (よくわかるトレーニングテキスト)
富士通オフィス機器株式会社
よくわかるMicrosoft Office Excel 2003ドリル (よくわかるトレーニングテキスト)
FOM出版 2004-02
売り上げランキング:
33772

おすすめ平均
star

star
2003基礎・応用の本に準拠

star
確実に実務力が身に付きます。

star
分かりやすく、よい本です。

Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |