シートを保護しても入力できるように

シートを保護しても入力できるように2-1 図の表は、A列の商品Noの欄に入力すると B列・C列の欄に設定されたVLOOKUP関数のおかげでその商品Noに対応する商品名と単価が表示されるようになっています。

シートを保護しても入力できるように2-2 そしてD列の数量を入力すると、金額とその総計が表示されるよう、 E列の欄には数式が設定されています。

いろんなセルに数式が設定されているので、これらの数式をうっかり消されたりしないようにシートの保護をかけたいところですが、 緑色のセルは毎回入力を変更するところなので、ただシートの保護をかけるだけではこれらのセルまで入力できないようになってしまいます。

そこでシートの保護をかけても、緑色のセルだけは入力できるように設定してみます。
これからの操作は必ずシートの保護をかける前に行います。

シートを保護しても入力できるように2-3 シートの保護をかけた後でも入力が出来るようにしたいセルを範囲選択します。
今回は緑色のセルです。
範囲選択したところで右クリック、[セルの書式設定]をクリックします。

シートを保護しても入力できるように2-4 [保護]タブをクリックして、[ロック]のチェックをはずし、[OK]ボタンをクリックします。
ここだけロックしないよ、というイメージです。
これで前準備はOK。
あとはシートの保護をかければ完了です!