Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users グループ化
Excel・エクセル
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   Excel・エクセル   »   入力・編集   »   グループ化
グループ化
下の図のような、担当者別の表があったとします。
D列・G列には数式が入力されているので、


アウトラインの自動作成を行うと、
Excelは数式のある列を自動的に判断して、
こんな風に折りたためるよう、
詳細データをグループ化してくれます。

でも、左の図のように、
「木村さん」のデータを
ワンタッチで全部折りたためるようにしたいな〜
といった、Excelの判断とは違う、
自分の好きなように折りたためるように
したい場合には、こんな操作を行います。
まずは折りたためるようにしたい行や列を選択します。
今回は「木村さん」分の列を折りたためるようにしたいわけですから、B列からD列を選択します。


メニューバー[データ]から
[グループとアウトラインの設定]、
[グループ化]をクリックすれば、
設定完了です!
表示された数字のボタンや、[−]のボタンの使い方については、
Be Cool Users 2007のアウトライン記号で詳しくご紹介しています!
グループ化する際の注意点
今回のように、手動でグループ化する際、
折りたためるようにしたい行や列を範囲選択してからグループ化するわけですが、
この範囲選択時に気を付けたいことが。

例えば下の図のような表で、
「木村さん」分の列(B〜D列)
「福山さん」分の列(H〜J列)・「堤さん」分の列(K〜M列)
を一気に折りたためるようにして、「岡田さん」分のものだけが表示されるようにしたい、
といった場合、
折りたためるようにしたいB〜D列とH〜M列を一緒に範囲選択して設定しようとすると、


B〜D列(1箇所目)、H〜M列(2箇所目)という離れた箇所を一緒に範囲選択したので、
グループ化することができません。


こういった場合は、まず1箇所目を範囲選択してグループ化してから、


2箇所目を範囲選択してグループ化する、というように、1箇所ずつ設定していけばOKです!
アウトラインの自動作成
アウトライン記号 (Be Cool Users 2007)
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   Excel・エクセル   »   入力・編集   »   グループ化
Excel2007での操作
Excel2007での操作方法はコチラです!

グループ化
(Be Cool Users 2007)
Excel 人気BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
Amazon Excel本
実例満載!
Excel で今すぐ使える
定型書類のつくり方

土屋 和人
実例満載! Excel で今すぐ使える定型書類のつくり方
技術評論社 2005-11-05
売り上げランキング:
89963
Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |