Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users 入力規則
Excel・エクセル
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   Excel・エクセル   »   入力・編集   »   入力規則で分かりやすいエラーメッセージを
入力規則で分かりやすいエラーメッセージを

入力規則で、入力できる値を制限しておいたセルに、
それ以外の値を入力すると、このようなエラーメッセージが表示されます。

このエラーメッセージ、非常に分かりづらいのが難点。
初心者の方が見たらそれこそビックリします。
そこで!この表示されるエラーメッセージを分かりやすいものに設定してみます。

まずは入力規則で入力制限の要領でセルに入力できる値を指定しておきます。

エラーメッセージを設定したいセルを範囲選択し、
メニューバー[データ]から
[入力規則]をクリックします。

[エラーメッセージ]タブの
[タイトル]欄と[エラーメッセージ]欄に
分かりやすい言葉を入力します。

[OK]ボタンをクリックすれば
設定完了です!
ちゃんと設定できたかどうか、動作確認してみます。
エラーメッセージを設定したセルに、入力できない値を入力し[Enter]キーを押すと、
設定した通りにメッセージが表示されます。

[タイトル]欄に入力した言葉は、エラーメッセージのタイトルバーに表示されます。
[エラーメッセージ]欄に入力した言葉は、
下の図のようにメッセージの中央部に表示されるので、
なぜエラーになるのか、どうすればいいのかを入力しておくと分かりやすいです。


画面にOfficeアシスタントを表示している場合は、
上のようなダイアログボックスではなく、
アシスタントの吹き出しで
メッセージが表示されます。
さて、エラーメッセージは、[スタイル]を変更することで
入力できない値を全く受け付けなくするのか、許可すれば入力できるのか、などといった
柔軟度を設定できるようになっています。
エラーメッセージのスタイルの設定は、
新サイトBe Cool Users 2007のエラーメッセージのスタイルのページでご紹介しています!
入力規則で入力制限
エラーメッセージのスタイル (Be Cool Users 2007)
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   Excel・エクセル   »   入力・編集   »   入力規則で分かりやすいエラーメッセージを
Excel2007での操作
Excel2007での操作方法はコチラです!

入力規則でエラーメッセージを設定
(Be Cool Users 2007)
Excel 人気BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
Amazon Excel本
すぐわかる
Excel 困った&できない
すべて解決!
Excel 2010/2007/2003
(すぐわかるシリーズ)

早坂清志
4048867814
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |