DATEDIF関数で期間の計算

DATEDIF関数で期間の計算1 この日からこの日迄の期間を計算したい、そんな時には DATEDIF関数を使います。

ただこの関数、ダイアログボックスで表示される関数一覧には表示されない関数なんです。

そして、その期間を
年数で表示させたい場合は、「Year」の"Y"
月数で表示させたい場合は、「Month」の"M"
日数で表示させたい場合は、「Day」の"D"
と、単位を自分で指定することができます。

今回は開始日(A2番地)から終了日(B2番地)までの年数を出してみたいと思います。

DATEDIF関数で期間の計算2 期間を表示させたい、先頭のセルを選択し、
=DATEDIF(
と半角で入力します。
=datedif(
と小文字で入力してもOKです。

DATEDIF関数で期間の計算3 ここから関数の中身となる引数の指定です。まずは期間の開始日を指定します。
開始日のセル(A2番地)をクリックで選択し、

DATEDIF関数で期間の計算4 ,(カンマ)を入力します。

DATEDIF関数で期間の計算5 同様にして、次は期間の終了日を指定します。
終了日のセル(B2番地)をクリックで選択し、,(カンマ)を入力します。

DATEDIF関数で期間の計算6 最後は求める期間をどの単位で表示させるのか、単位を指定します。
今回は年数を表示させたいので"Y"と入力します。

DATEDIF関数で期間の計算7 これで引数の指定は終わり。
)」括弧でとじ、Enterキーで確定します。

DATEDIF関数で期間の計算8 開始日から終了日までの年数を求めることができました!
あとは必要に応じてオートフィルで他のセルにも数式をコピーすればOKです。


DATEDIF関数で期間の計算10 ちなみに、単位を"M"とすれば 開始日から終了日までの月数が求められますし、

DATEDIF関数で期間の計算11 単位を"D"とすれば、開始日から終了日までの日数が求められます!

DATEDIF関数の単位

DATEDIF関数で期間の計算12 年齢の「○歳○ヶ月○日」という表示や、
在職期間の「○年○ヶ月○日」といった表示をさせたい場合には、
「月」の表示は1年に満たないもの、
「日」は1ヶ月に満たないものを表示させなければなりません。

DATEDIF関数で期間の計算13 年数の部分は先程の単位"Y"でOKですが、
月数の部分は単位"YM"で1年に満たない月数を求め、


DATEDIF関数で期間の計算14 日数の部分は単位"MD"で1ヶ月に満たない日数を表示させます。

Year(1年)」未満の「Month(月)」で、"YM"
Month(1ヶ月)」未満の「Day(日)」で、"MD"、と覚えると覚えやすいです。


DATEDIF関数で期間の計算15 「○年と○日」という風に、月を表示せず、
1年に満たないものを全て「日」として表示させたい場合は、
単位"YD"で1年未満の日数を表示させます。

こちらも、「Year(1年)」未満の「Day(日)」で、"YD"、と覚えると覚えやすいです。


DATEDIF関数で期間の計算17 今回は年・月・日を別々のセルに表示させましたが、
「○歳○ヶ月○日」という風に、1つのセルに表示させたい場合は、
「&」でつないで1つのセルに表示させるのテクニックで、
それぞれの数式と「歳」「ヶ月」といった文字をつなぎます。

DATEDIF関数で期間の計算16

DATEDIF関数のポイント

DATEDIF関数は、
=DATEDIF(開始日,終了日,単位)
となるのですが、

この日から(開始日)
この日までを(終了日)
この単位で(単位)

と覚えると、覚えやすいです。
そして自分の目的に合わせて単位を使い分けていきます。

"Y" 指定した期間の年数(満年数)を表示
"M" 指定した期間の月数(満月数)を表示
"D" 指定した期間の日数(満日数)を表示
"YM" 指定した期間の1年に満たない月数を表示
"MD" 指定した期間の1ヶ月に満たない日数を表示
"YD" 指定した期間の1年に満たない日数を表示