Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users 比較演算子
Excel・エクセル
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   Excel・エクセル   »   関数・計算   »   数式で使う記号:比較演算子
数式で使う記号:比較演算子
IF関数条件付書式では
条件を設定する際に「以上」や「以下」などといった表現を記号で表します。
その記号を比較演算子と呼ぶのですが、
久しぶりに使う時などは「あれ?どうだったっけ?」と思ったり。
というわけで比較演算子を一覧にしてみました。

> A1>80 A1番地が80より大きい
>= A1>=80 A1番地が80以上
< A1<80 A1番地が80より小さい(未満)
<= A1<=80 A1番地が80以下
= A1=80 A1番地が80と等しい
<> A1<>80 A1番地が80と等しくない

ポイントは「以上」「以下」を表す「>=」、「<=」は
必ず「=(イコール)」が後ろに来るということ。

そして「等しくない」を表す「<>」は、
最初は「こんなの使わんだろ〜」と思っていたのですが、
たま〜にあるんですよね、お世話になる時が(笑)。
覚えておいて損は無いと思います。
IF関数 完璧マスター!
条件付き書式【数式編】
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   Excel・エクセル   »   関数・計算   »   数式で使う記号:比較演算子
Excel 人気BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
Amazon Excel本
仕事で使える計算と関数の基礎
大村 あつし 尾崎 裕子
仕事で使える計算と関数の基礎
技術評論社 2006-12-02
売り上げランキング:
33097
Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |