Word, Excel, PowerPointの技--Be Cool Users 絶対参照
Excel・エクセル
Word・ワード Excel・エクセル PowerPoint・パワーポイント Office共通 Office活用アイディア・脳みその素 仕事力アップの道具箱
HOME   »   Excel・エクセル   »   関数・計算   »   絶対参照でセルを固定!
絶対参照でセルを固定!
解説記事内の画像はExcel 2003のものですが、
操作方法はExcel 2007・2010でも同じです
Excel 2010・2007用 練習ファイル (absolute-position.xlsx 9.62KB)
Excel 2003用 練習ファイル (absolute-position.xls 23.5KB)

左の例ではB4番地に
「金額」×「手数料率」の
=A4*B1という数式が入っています。

この数式を、
オートフィルで下のセルにコピーすると・・・

あれ???
数式がおかしいっ!!!
現在、
B4番地からB6番地に入っている数式は
左の図の「間違った数式」のように
なっています。
これはオートフィルと相対参照にある
Excelの仕組みが働いてしまうからです。
「間違った数式」のようにB1、B2、B3と、1つずつズレてしまうのではなく、
今回の場合は「正しい数式」にあるように
オートフィルをかけてもB1番地のままズレずに固定しておきたいわけです。


では、一旦B4番地からB6番地までの数式を消しておきましょう

早速=A4*B1という数式を、
後でオートフィルをかけても
B1番地がズレないように
工夫しながら数式を入れてみます。

数式を入れたいセルを選択し、
=(イコール)を入力します。

A4番地をクリックで選択します。

このA4番地は
後にオートフィルをかけても
ズレていいセルなので
操作はこれだけでOK。

」を入力します。

B1番地をクリックで選択後、
このセルは固定しなければいけない
セルなので
[F4]キーをポンッと押すと・・・

$B$1」という風に、Bと1の前に
それぞれ$マークが付きました!
この$マークが、
オートフィルをかけてもズラさないで
固定してね、という合図になります。
これで数式の入力は終わり。
[Enter]キーで確定しておきます。

オートフィルで、
残りのセルに数式をコピーしても
B1番地はズレずに固定されているので
正しく計算されています!
こんな風に$マークを付けて
ズレないようにすることを
絶対参照といいます。
今回は[F4]キーは1回だけポンッと押しましたが、
ポンッ、ポンッ、ポンッと繰り返し押していくと、下の図のように、
付いている$マークの位置が変わったり、$マークが無くなったりします。
※数式入力中の、[F4]キーを押したタイミングでポンッ、ポンッ、ポンッと繰り返し押してみると、
変化が分かります。
[Enter]キーで数式を確定してから[F4]キーを押しても、何も変わらないです。


今回の例のように、入力した数式をオートフィルする際、
縦方向または横方向の、どちらか一方向にオートフィルすればいいだけの時は、
[F4]キーを1回だけポンッと押して、
列番号を示すアルファベット、行番号を示す数字、両方に$マークが付けば
それでOKです。
あっ、でも、緊張でブルブル手が震えて(笑)、間違って[F4]キーを連打してしまったら、
両方に$マークが付くまで、焦らず[F4]キーを押していけばいいだけですヨ。

でも、入力した数式を、縦方向にも横方向にもオートフィルしたい、といった時には
[F4]キーを繰り返し押して、$マークの付く位置を変えて設定しなければなりません。
それはまた別の機会にご説明します!
オートフィルと相対参照
スポンサードリンク
メルマガ&INFO
HOME   »   Excel・エクセル   »   関数・計算   »   絶対参照でセルを固定!
Excel 人気BEST3
スポンサードリンク
ピックアップ!
スポンサードリンク
Amazon Excel本
仕事を加速する!Excel魔法のボタンコレクション
足利谷 毅
仕事を加速する!Excel魔法のボタンコレクション
技術評論社
2004-02-14
売り上げランキング:
233,027
おすすめ平均star

star
コマンド以上!マクロ以前!
Amazonで詳しく見る

by G-Tools
|  リンクについて  |   サイトマップ  |   メール  |