3D集計(串刺し集計)

3D集計(串刺し集計)1 例えば図のように「4月」から「6月」までの各シートに各月の数値データが入力されていたとします。

3D集計(串刺し集計)2 そして各シートの値を合計した結果を表示させるための「合計」シートがあったとします。

3D集計(串刺し集計)3 各シートの表の構造は同じですから、 各シートの同じセル番地に入力されている数値を合計すれば「4月」から「6月」までの集計となります。
各シートの同じセル番地に入力されている数値を合計する、それが3-D集計です。

今回は上の図のように、「4月」から「6月」シートの各B3番地の合計結果を、「合計」シートのB3番地に表示させたいと思います。
合計したいのは各シートのB3番地だけでなく、B3番地からC5番地までですから、一気にB3番地からC5番地の合計を求めてみましょう。

3D集計(串刺し集計)4 まずは合計結果を出したいセルを選択します。
「合計」シートのB3番地からC5番地までを範囲選択し、

3D集計(串刺し集計)5 [オートSUM]ボタンをクリックします。
ここからは合計を出したい範囲の先頭のセル、つまりB3番地のことだけを考えていきます。

3D集計(串刺し集計)6 「4月」シートのB3番地を選択後、

3D集計(串刺し集計)7 [Shift]キーを押したまま、「6月」シートのシート見出しをクリックします。

3D集計(串刺し集計)8 最後にもう一度[オートSUM]ボタンをクリックすると、

3D集計(串刺し集計)9 結果を出したい範囲に合計結果が求められます。


一見ややこしい操作のような感じですが、
一連の操作を「セリフ」として整理すると、分かりやすくなります。

ここからここまでに対して(合計結果を表示させるセルを選択)
合計を出したいです。([オートSUM]ボタン)
具体的な範囲は、このシートのこのセル(「4月」シートのB3番地を選択)
から([Shift]キーを押したまま)
このシートまでです。(「6月」シートのシート見出しを選択)

3D集計(串刺し集計)10 そして一番最後に[Enter]キーで確定するのではなく、 [オートSUM]ボタンをクリックしています。
[オートSUM]ボタンではなく、[Enter]キーで確定してしまうと、最初に範囲選択した先頭のセル、つまりB3番地の結果しか求められなくなってしまいます。
改めて「合計」シートのB3番地を選択すると、数式バーに数式が表示されます。

3D集計(串刺し集計)114月から6月シートのB3番地をSUM(合計)しています」という意味になっています。

この3D集計は各シートの表の構造が同じでなければできません
表の構造が各シートで違う場合には統合という技があります。

スポンサーリンク